読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめに

ポケモンブログを以前より始めたいと思っていたので開いてみました。


記事内容としては
シングル・ダブルの構築記事
準伝説ポケモンの厳選メモ
などを予定しています。
いずれも自分が使うメモ程度のものなので悪しからず。

シングル・ダブルともに初心者の域を出ないレベルですがいろいろな方に見ていただけると嬉しいです。

【ポケモンSM】シーズン3・第15回キツネの社mf使用構築~ビリファイヤー~【シングル】

どうも、TKです。シーズン3お疲れさまでした。

今回はタイトルにもあるようにシーズン3の後半と第15回キツネの社mfで使用した構築になります。並びはこちら。

f:id:tk12:20170514141555p:plain

 

~主な結果~

シーズン3:最高1950/最終-

キツネの社:予選3-6

 

~構築について~

7世代に入り、「もえつきる」の獲得という強化をされたファイヤーを使ってみたいというところから組み始めました。ファイヤーに飛んできやすい電気、水、岩のすべてを半減にでき相性のよいビリジオンビリジオンからの引き先になるメガクチートを採用しました。

残りはクチートをエースとして動かす場合に苦手なポケモンたちのストッパーになれるクレセリアガブリアス。ここまで霊の一貫が切れていないこととガブクレセとの並びがキレイになるという理由でガルーラを採用という順番で完成しました。

 

~個別紹介(選出率順)~

f:id:tk12:20160224120427p:plain

ファイヤー@ヒコウZ プレッシャー

おくびょう 165 - * - 110 - 177 - 112 - 149

ぼうふう だいもんじ やきつくす とんぼがえり

 

主な調整先

C…ぶっぱ(やきつくす+Zぼうふうで177-151レヒレが確定)

S…準速ミミッキュ+1

D…DL対策(200テテフのフィールドサイキネを確定耐え)

 

今回の主軸。有利対面を作ってからやきつくす・Zぼうふうの火力を押し付けていく動きがシンプルに強かったです。調整先にもあるようにやきつくす+Zぼうふうは炎タイプを消すことでレヒレの水技やカバの岩封を耐えながら処理することができ、重宝しました。一方でZが無いと倒せないポケモンが多いPTに対してはどのタイミングで使うかが難しかったです。特にマンダやリザXにはZぼうふうで致命傷を与えることができますが、Z使用後に対面すると起点なりかねないため注意して立ち回る必要があります。

技構成はコンセプトのやきつくす、高火力Zを出すためのぼうふうは確定。残りは炎を消したくないときや燃えたあとに打てる大文字、ミミッキュの皮をはがしながら展開できるとんぼがえりを採用しました。

 選出率(社)…9/9

 

f:id:tk12:20151008010555p:plain

ガブリアス@スカーフ さめはだ

いじっぱり 183 - 200 - 116 - * 105 - 154

げきりん じしん ほのおのキバ ステルスロック

 

主な調整先

なし

 

普通のスカガブ。クチート選出の際に重くなるウルガモス・リザあたりのストッパーとして採用しました。また、電気の一貫切りの役目も重要。火力が足りないのが嫌だったので意地っ張りで使用していましたが、舞ったリザXとのS関係が分からなくて困った場面が多かったので陽気も一考の余地アリです。

技は一致打点のげきりん、じしん。ファイヤーが出せないときのナットの処理ルートとして炎牙。サイクルを有利に進められて、型の勘違いも期待できるステロ。有利対面ドヤステロしたら負けまくったので気を付けましょう。

選出率…9/9

 

f:id:tk12:20150829170122p:plain

クチート@メガ石 いかく→ちからもち

いじっぱり 157 - 150 - 106 - * - 75 - 70

じゃれつく はたきおとす ふいうち つるぎのまい

 

主な調整先

なし

 

取り巻きのどのポケモンとも相性がよいメガエース。どんどん高速になっていく環境でトリル耐性の低めなPTが多いかった気がします。ただ、対鋼が構成上厳しいため、テテフ対策の鋼にストップされがちでした。

技構成は6世代のスタンダードと思えるものを使いました。剣舞は受けループ崩しにほしかったので外せませんでした。

選出率…3/9

 

f:id:tk12:20160111222617p:plain

クレセリアぼうじんゴーグル ふゆう

ずぶとい 227 - * - 189 - 95 - 151 - 105

サイコキネシス れいとうビーム トリックルーム みかづきのまい

 

主な調整先

なし

 

最初の3体を決めた時点でマンムーとバシャが重かったため、この2体に強くトリルからクチートのサポートをできる回復の薬を採用しました。また、PT単位で胞子の一貫が激しいのでゴーグルを採用することでごまかしています。トリルからクチートの展開も多かったですが、そこまで遅くないファイヤーをトリル下で動かしたり、S上昇の積み技に対してトリルで切り返してガブやビリジオンを動かすことも多く、おもしろかったです。

技構成はサポートのトリル、三日月。バシャ、マンムーに打てるサイキネ、氷4倍組も重たいのでれいとうビームで完結しています。

選出率…2/9

 

f:id:tk12:20160809211112p:plain

ガルーラ@メガ石 きもったま→おやこあい

いじっぱり 191 - 151 - 127 - * - 101 - 114

ひみつのちから からげんき じしん グロウパンチ

 

主な調整先

H-B…156ミミッキュのじゃれを確定3耐え

A…131-90ミミッキュに+1じしんが乱数1個切り1発

S…準速ガッサ+2

 

ゴーストの一貫を切るために採用。トリル下で動かすことを考えた結果、Sには振らずグロパンで火力を補助することを考えた結果HBに厚めに振る形になりました。グロパンを積む隙が思っていた以上になく、動きづらかったのでここの枠はまだ改善策があるかもしれません。

技構成は一致でズルできるひみちか、メガ前のゴーストとの対面で打てる空元気、メガ後に打つじしん、削れた相手や皮はがしににアドが取れるグロパンとしました。

選出率…3/9

 

f:id:tk12:20170514160619p:plain

ビリジオン@たつじんのおび せいぎのこころ

ようき 167 - 142 - 92 - * - 149 - 176

インファイト リーフブレード ストーンエッジ つるぎのまい

 

主な調整先

なし

 

ファイヤーからの引き先として採用。同じ耐性をもつガッサ・ブリガロンと比較して特殊耐久の数値が高いため、特殊型の多い水・電気に対してはより安定した受けができることを期待してビリジオンを選びました。サイクル参加を求めて採用したため耐久が落ちる珠ではなく帯を採用していますが、実際にサイクルをさせる場面はほとんどなかったため珠でもよいと思っています。主に剣舞で崩したい受けループ、闘・草・岩の範囲が通るリザ入りのPTに対し選出していました。

技構成は範囲の優秀な3ウエポンを採用しています。

選出率…1/9

 

~選出パターン~

基本選出…

f:id:tk12:20160914223130p:plainf:id:tk12:20160913221114p:plainf:id:tk12:20160914215748p:plainorf:id:tk12:20160914221425p:plain

多くのPTが炎+飛行の高火力を受けづらいためファイヤーを積極的に押し付けます。電気を止めるためにガブ、最後にガブでスイープするために荒らすメガ枠が基本選出です。ミミッキュがいるときはガルーラを出すことが多いです。ファイヤーを2回動かしたいときにはメガ枠ではなくクレセを出します。

 

ファイヤーが通らないとき(ヒードランとか)…

f:id:tk12:20160914221425p:plainf:id:tk12:20160914223447p:plainf:id:tk12:20160913221114p:plain

伝統ともいえる並び。ガブから入ってステロを先に撒くパターンもあります。コケコグロスランドに対しては基本選出だけでなくこちらの選出をすることもあります。

 

トリルクチートが通るとき…

f:id:tk12:20160914215748p:plainf:id:tk12:20160914223447p:plainf:id:tk12:20160914223130p:plainorf:id:tk12:20160913221114p:plain

こちらもクレクチのよくある形。ファイヤーを出すときは初手に置いてZから起動することで3対2にして戦いたいです。逆にガブを出すときはクチート→クレセ→クチートで場を荒らしてガブでスイープします。レートの上のほうではこの選出が多めでした。

 

受けループ…

f:id:tk12:20160914223130p:plainf:id:tk12:20160914215748p:plainf:id:tk12:20170514163018p:plain

ファイヤーのとんぼで有利対面を作りながら剣舞ビリジの一貫を作ります。ヤドランはやきつくす+Zぼうふうで処理可能。

 

~重たいポケモン

・Zぼうふうで処理しきれない水

基本的に水はファイヤーで誘ってZで処理することが多かったため、アシレーヌや瞑想スイクンなどと対面してしまうと崩されやすいです。

・ステロ+スカテテフ

単純に高火力が受からないです。一応クチートであれば対面処理可能ですが、クチートに対する引き先を用意しない人はまずいないので難しいところ。ふいうちを通せないのも辛い。

カバルドン

Z消費後にカバを処理できるルートが凍らせる以外にありません。

 

~結び~

最初は遊び気分でファイヤーを使い始めましたが、思っていたより強く、ほぼすべての対戦で選出する程度には使いやすかったです。「主軸を活かす」という点でよく機能していました。このPTがうまくいった要因もいくつか思うところがあるので、非常に実り多いシーズンとなりました。レートにてマッチングした方々、対戦ありがとうございました。

今回はORASと通算して自己最高レートを更新することができ、ようやくまともな最高レートを得ることができたかなと思っています。同じPTで参加したキツネの社では思ったような成績を出せませんでしたが、そこで立ち回りについてよく考えるきっかけを得ることができました。対戦していただいた方々、アドバイスをくださった方々ありがとうございました。

 

おわり。

 

~次回~

雨ラグに興味があります。

【ポケモンSM】混乱実ボルトロス【単体考察】

こんにちは、TKです。今回はタイトル通り7世代になって強化された混乱実を持たせた化身ボルトロスについて考えてみました。

 

~はじめに~

今作で大幅に強化され、実戦級となった混乱実。サイクラーにとって体力半分回復の効果は非常に大きい上に最大一つのPTに四つ採用できるため、なんやかんやS1から使用したPTのうち半々くらいの頻度で採用していました。しかし、発動条件の難しさから採用がピンポイントになるか発動したらラッキー程度のアイテムでした。そこで、いかに能動的に発動させるかに注目した結果みがわりという答えにたどり着きました。

というのも、HP50%-25%のときみがわりをするとHP25%を払って50%を得ます。つまり、先攻でみがわりを張ればオボンと同じ回復量に加えてみがわりを獲得でき、最低でもオボンのみと同等の効果を得ることができます。もちろん25%-までダメージを受けた場合は回復量がオボンよりも上回るため、オボンの上位互換になりうると考えました。

ここで重要となるのが「先攻で」みがわりをおくことなので、特性によりみがわりを先攻で張れて、6世代のときからオボン持ちが多く見られた化身ボルトロスに持たせてみました。

 

~調整案~

f:id:tk12:20170403215656p:plain

ボルトロス(けしんフォルム)@混乱実(フィラ以外) ずぶとい いたずらごころ

184(236) - * - 126(196) - 151(44) - 101(4) - 135(28) (王冠使用)

みがわり 電気技 @2

 

主な調整先

H-B:

A216メガボーマンダの捨すてみタックル確定3耐え

同マンダの+1すてみ→みがわり→すてみを2回とも最高乱数を引かない限り耐え

A200ガブリアスげきりん→みがわり→げきりんを中乱耐え(1回あたり127-108ダメージ)

A156ミミッキュのじゃれつく確定3耐え

H-D:端数

C:131-125ミミッキュ10まんボルトで約90%の乱数2発(皮込み3発)

S:最速キノガッサ抜き

(補足)従来のオボン持ちずぶとい型と比べてうまいこと混乱実が発動しやすいラインまで耐久を下げて、Cに回すことで対面から高確率でミミッキュに勝てる配分を目指しました。ミミッキュを意識しない場合はあまりをDやS方面に回すのも一考の余地アリです。

 

技候補

確定技

・みがわり…コンセプトなので確定技。

・電気技…タイプ一致打点。Cに振るなら10まんボルト、振らないなら放電でもよいかと。

優先技

・めざめるパワー氷…ガブに対面から、メガマンダに後投げから勝てるラインまでBに振ったので優先度高めです。

選択技

・わるだくみ…みがわりが残った場合にアドが取りやすいけど、Sが足りないから抜き性能があるかって言うとうーん。

・でんじは、どくどく、いばる…こちらもみがわりが残ったときに打ちやすい。巧みよりは一貫が取りやすい気がします。

・ちょうはつ…腐りにくさはトップだけど、みがわりとのシナジーは皆無。

・各種攻撃技…PTに合わせてお好きなサブウエポンをどうぞ。

 

~使用感~

10まん/めざ氷/結び/みがわりで使用。やろうと思っていたことはできましたが、パワーもSも足りなかったので非常に使いづらかったです。のちにみがわり→電磁波、混乱実→オボンに変えた結果めちゃくちゃ使いやすくなったので、強い人が考えた構成は強いという結論に至りました。

 

~反省点~

従来のオボン型の強みとして電磁波による阻害性能がめちゃめちゃ大きく、その役割を失ってしまったのが最大の問題点であると感じました。では、結びをやめて電磁波を採用すればよいかというと、火力増強手段のない10まん・めざ氷はPTによりますが対応範囲が狭すぎるため、結局採用がピンポイントになりやすいという混乱実の弱点を解消できていないと思います。

結局、みがわりにスペースを割くという行為がボルトロスにとって重すぎるという印象でした。

 

~まとめ~

@2がめざ氷/電磁波でよいPTで使う場合はオボン型より優先して採用してよいと思います。汎用性を高めるならHBベースよりはHSorHDベースにして10まん/気合玉/みがわり/悪巧みなどのほうが使いやすいかもしれません。考え方は間違っていないと思うので、これを読んで興味をもった方がいらっしゃれば考察の続きをお願いします。良い型が見つかったらこっそり教えてください。

 

おわり。

【ポケモンSM】第6回JPNOPEN使用構築~6世代純正受けループ~【シングル】

こんにちは、TKです。今回はJPNさん主催の対戦オフ第6回JPNOPENに参加してきました。結果は日本ブロック6-3で直接対決の結果により3位、予選抜けならずでした。

 

使用構築はこちら。

f:id:tk12:20170212004434p:plain

 

<構築の経緯>

まず、受けループを使用した理由としては、

・得意なメガシンカが軒並み使用不可である

・6世代で使用したラティアス入りのベースが受けループであるため大本を勉強する

ということです。

具体的な中身に関して、7世代に入りTODが弱体化したことにより、3体全員を倒す必要が生まれました。そこで定数ダメサイクルの面を強く押し出したPTを考えていたところ、かなり私の考えに近いPTを作っている受けルーパーの方がいらっしゃったので、丸パクリもとい参考にさせていただきました。

 

<個別紹介>

f:id:tk12:20170211225031p:plain

ラッキー@しんかのきせき しぜんかいふく

ずぶとい hBD

ちきゅうなげ どくどく ステルスロック タマゴうみ

サイクル下でステロと毒を撒き散らすポケモン。毒と異なりステロは一貫して相手を削ることができるので優先的に撒くようにしました。特殊であればZ技であっても概ね受けることができてかなり信頼できました。

 選出:6(5)/9

f:id:tk12:20170211225735p:plain

グライオン@どくどくだま ポイズンヒール

ようき HbS

じしん どくどく みがわり まもる

6世代と違いみがまもしているだけで勝てることはなくなってしまい、"毒を撒く"という行動の重要度が上がりましたが、毒を撒くことと相手をみがまもでハメるという2つの行動を両立するのはかなり難しいと感じました。一方で鋼への打点に乏しいのでじしんを打ちに行くポケモンとしては活躍する機会が多かったです。

選出:3(1)/9 

f:id:tk12:20150916011633p:plain

ヤドラン@メガ石 さいせいりょく→シェルアーマー

ずぶとい HBd

ねっとう あくび てっぺき なまける

オリジナルの電磁波の部分をあくびに変えて採用しました。理由は麻痺によるSダウンが半分になったことにより電磁波を採用する理由がほぼないからです。代わりに起点回避とステロを踏ませるという2つの意味を持たせられるあくびを選びました。今回はあくびも全く役に立たなかったので心底どちらでもよかったです。

選出:3(3)/9 

f:id:tk12:20170211231659p:plain

エアームドゴツゴツメット がんじょう

わんぱく HBds

ドリルくちばし ちょうはつ てっぺき はねやすめ

安定した物理受けとしてとても信頼できました。特にちょうはつは、接触を避けるために補助技でお茶を濁してくる相手に打ったり、起点回避のために打ったりと非常に重宝しました。

選出:9(6)/9 

f:id:tk12:20150728193559p:plain

フシギバナ@メガ石 しんりょく→あついしぼう

ずぶとい HB

ヘドロばくだん めざめるパワー炎 なやみのタネ こうごうせい

今まで使い慣れた型のフシギバナとの使用感がかみ合わず、やや難しかった印象を受けました。最近はスイクンニンフィアといったメインの役割対象が軒並み使用率が下がっているので変えてみても良いかもしれません。

選出:3(1)/9 

f:id:tk12:20150729113131p:plain

バンギラス@ラムのみ すなおこし

しんちょう HD

イカサマ おいうち ほえる ねむる

ゲンガーによるサイクルカットカットだけでなく、ほえるイカサマによる起点回避性能が高く、ねむるによって毒に対しての切り替えしも効くので、選出率は低いですが活躍率は高かったです。こだわりテテフに対してもラッキーと両選出すれば完封できることも好印象を受けました。

選出:3(2)/9

 

<まとめ>

久しぶりに他人の作ったPTを使用しましたが、強い人が使っていたものだけあって7世代に変わってもかなり戦えました。新ポケモンのうちテッカグヤとドヒドイデだけ対処法がわからないので、そのあたりでオリジナリティを加えられたらと思います。

対戦したくださった日本ブロックの皆さん、運営のスタッフの皆さんありがとうございました。JPNOPENは毎回ブロック内の和気藹々度が高くて好きです。

 

<参考PT>(敬称略、リンク許可を取っていませんので問題があれば消去します)

あすぱぁ/S17 【最終/最高2201】 純正受けループ ~毒の迷路~ : 不死鳥になりたい

 

【ポケモンORAS】6世代まとめ【】

6世代に使用した構築のまとめです。

構築記事を残しているものはリンクから飛べます。

 

・シングル

S7~8

f:id:tk12:20160914214653p:plainf:id:tk12:20160914214725p:plainf:id:tk12:20160914214747p:plainf:id:tk12:20160914214933p:plainf:id:tk12:20160914215011p:plainf:id:tk12:20160914215119p:plain(水)

 

S9

f:id:tk12:20160914214653p:plainf:id:tk12:20160914215348p:plainf:id:tk12:20160914215413p:plainf:id:tk12:20160914215423p:plainf:id:tk12:20160914215444p:plainf:id:tk12:20160913221114p:plain

 

S10(1827)

f:id:tk12:20160914215348p:plainf:id:tk12:20160914215542p:plainf:id:tk12:20160914215413p:plainf:id:tk12:20160914215423p:plainf:id:tk12:20160914215609p:plainf:id:tk12:20160914215635p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2015/07/29/123226)

 

S11(1750)

f:id:tk12:20160914215723p:plainf:id:tk12:20160914215748p:plainf:id:tk12:20160914215806p:plainf:id:tk12:20160914215837p:plainf:id:tk12:20160914215854p:plainf:id:tk12:20160914215635p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2015/09/16/020127)

 

S12(1750)

f:id:tk12:20160914215946p:plainf:id:tk12:20160914220018p:plainf:id:tk12:20160914220029p:plainf:id:tk12:20160914215423p:plainf:id:tk12:20160914220113p:plainf:id:tk12:20160914215635p:plain

 

第2回さいはてオフ(予選落ち)

f:id:tk12:20160914220208p:plainf:id:tk12:20160914215542p:plainf:id:tk12:20160914220029p:plainf:id:tk12:20160914220224p:plainf:id:tk12:20160914220237p:plainf:id:tk12:20160914220320p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2015/11/21/230046)

 

S13(1833)、第32回シングル厨の集い(予選落ち)

f:id:tk12:20160914220208p:plainf:id:tk12:20160914215348p:plainf:id:tk12:20160914220018p:plainf:id:tk12:20160914215609p:plainf:id:tk12:20160914220443p:plainf:id:tk12:20160914215635p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2015/12/06/121709)

 

S14(1802)、真皇杯関東予選(ベスト64)、ラストチャレンジ(予選落ち)

f:id:tk12:20160914220208p:plainf:id:tk12:20160914220620p:plainf:id:tk12:20160914220018p:plainf:id:tk12:20160914220638p:plainf:id:tk12:20160914220443p:plainf:id:tk12:20160914215635p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2016/03/19/192938)

 

S15

f:id:tk12:20160914220208p:plainf:id:tk12:20160914220727p:plainf:id:tk12:20160914220018p:plainf:id:tk12:20160914220754p:plainf:id:tk12:20160914220443p:plainf:id:tk12:20160914215635p:plain

 

ファクトリーオフ(ベスト16)

f:id:tk12:20160914220208p:plainf:id:tk12:20160914220855p:plainf:id:tk12:20160914215444p:plainf:id:tk12:20160914215119p:plainf:id:tk12:20160914220443p:plainf:id:tk12:20160914215635p:plain(草)

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2016/05/05/001505)

 

第33回シングル厨の集い(ベスト8)

f:id:tk12:20160914220208p:plainf:id:tk12:20160914215348p:plainf:id:tk12:20160914220018p:plainf:id:tk12:20160914215609p:plainf:id:tk12:20160914220443p:plainf:id:tk12:20160914215635p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2016/05/02/003904)

 

S16、第4回JPNOPEN(予選落ち)

f:id:tk12:20160914220208p:plainf:id:tk12:20160914221128p:plainf:id:tk12:20160914220029p:plainf:id:tk12:20160914221220p:plainf:id:tk12:20160914220237p:plainf:id:tk12:20160914215635p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2016/06/06/004234)

 

S17(1902)

f:id:tk12:20160914220208p:plainf:id:tk12:20160914215348p:plainf:id:tk12:20160914220029p:plainf:id:tk12:20160914215609p:plainf:id:tk12:20160914220443p:plainf:id:tk12:20160914215635p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2016/09/13/224105)

 

第2回Master'sオフ(予選落ち)

f:id:tk12:20160914220208p:plainf:id:tk12:20160914221425p:plainf:id:tk12:20160914220018p:plainf:id:tk12:20160914221446p:plainf:id:tk12:20160914220443p:plainf:id:tk12:20160914215635p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2016/08/09/213938)

 

第5回JPNOPEN(予選落ち)

f:id:tk12:20160914220208p:plainf:id:tk12:20160914221540p:plainf:id:tk12:20160914220029p:plainf:id:tk12:20160914221601p:plainf:id:tk12:20160914221632p:plainf:id:tk12:20160914215635p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2016/08/14/222133)

 

・ダブル

S8~9(1702)

f:id:tk12:20160914215946p:plainf:id:tk12:20160914223018p:plainf:id:tk12:20160914222939p:plainf:id:tk12:20160914223006p:plainf:id:tk12:20160914215444p:plainf:id:tk12:20160914222901p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2015/08/01/140009)

 

S10

f:id:tk12:20160914221128p:plainf:id:tk12:20160914223107p:plainf:id:tk12:20160914220029p:plainf:id:tk12:20160914223130p:plainf:id:tk12:20160914220237p:plainf:id:tk12:20160914222901p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2015/08/18/000329)

 

S11

f:id:tk12:20160914223209p:plainf:id:tk12:20160914223233p:plainf:id:tk12:20160914223309p:plainf:id:tk12:20160914223329p:plainf:id:tk12:20160914223403p:plainf:id:tk12:20160914222901p:plain

 

S12

f:id:tk12:20160914215542p:plainf:id:tk12:20160914223447p:plainf:id:tk12:20160914222939p:plainf:id:tk12:20160914215413p:plainf:id:tk12:20160914223548p:plainf:id:tk12:20160914222901p:plain

  

S13(1849)

f:id:tk12:20160914220727p:plainf:id:tk12:20160914223447p:plainf:id:tk12:20160914222939p:plainf:id:tk12:20160914220029p:plainf:id:tk12:20160914223704p:plainf:id:tk12:20160914222901p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2016/01/19/121449)

 

GS

f:id:tk12:20160914223752p:plainf:id:tk12:20160914223808p:plainf:id:tk12:20160914220620p:plainf:id:tk12:20160914223829p:plainf:id:tk12:20160914223840p:plainf:id:tk12:20160914222901p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2016/05/02/211917)

 

S14~17(1850)

f:id:tk12:20160914220727p:plainf:id:tk12:20160914215542p:plainf:id:tk12:20160914223447p:plainf:id:tk12:20160914220029p:plainf:id:tk12:20160914223704p:plainf:id:tk12:20160914222901p:plain

(http://tk12.hatenablog.com/entry/2016/09/14/214310)

【ポケモンORAS】シーズン14~17使用構築ライチュウマンダ【ダブル】

どうも、TKです。シングルに引き続きダブルも最高レートを更新できました。簡単に記録を残します。

並びはこちら。

f:id:tk12:20160914210334p:plain

ほぼ前回と変わっていません。

 

構築にいたるまで

以前はファイアローを採用していましたが、マンダと範囲が被り気味であることとヒードランが重ためだったので、ヒードラン含め鋼に高打点を取れるポケモンを探していたところバシャーモというアイデアが降ってきたので採用しました。

 

個別解説

f:id:tk12:20150731233005p:plain

ライチュウきあいのタスキ おくびょう ひらいしん

CS

10まんボルト ほっぺすりすり ねこだまし まもる

うちの相棒枠。警戒されるようになったのか集中を食らいやすく、今シーズン非常に動きづらかったです。WCSの影響があるのでしょうか。普段であれば通っていなくてもほぼ選出していましたが、最終日はよっぽど必要でもなければ出せませんでした。

選出1位

 

f:id:tk12:20150729120843p:plain

バシャーモ@メガ石 いじっぱり もうか→かそく

AS

フレアドライブ けたぐり いわなだれ まもる

ヒードランに強い高打点炎枠。かなり環境に刺さっていましたが、もともとバシャーモを主軸に組んだPTでないためこの子のポテンシャルを活かしてあげられませんでした。

まもるが自然に採用できる点、一致ではありませんが全体技を持ちしかもズルが期待できる、メガガルーラを確定で飛ばせると優秀なところづくめで、使い手次第で化けうるポケモンだと思いました。ただ、2メガ選出したいことがすごく多かったのでメガ前もかそく推奨です。

選出率:4位

 

f:id:tk12:20160111222326p:plain

キリキザン@いのちのたま いじっぱり まけんき

AS

アイアンヘッド はたきおとす ふいうち まもる

バシャと高相性なポケモン。いわずもがなの強さでした。ゴーグル採用でもよかったかもしれません。

選出率:3位

 

f:id:tk12:20160111222617p:plain

クレセリア@カゴのみ ずぶとい ふゆう

HBベース

サイコキネシス れいとうビーム めいそう ねむる

強引に相手を詰ませるクレセリア。単体としては十分な強さでしたが、PTに合っていたかというと何とも。一応このコなしでは勝てなかった対戦もありました。

選出率:6位

 

f:id:tk12:20160111221913p:plain

スイクン@オボンのみ ひかえめ プレッシャー

CS

ねっとう れいとうビーム おいかぜ まもる

僕が好きなやつ。場を荒らして死に際に追い風を撒いてが大体決まるから強い。先発の安定感が抜群でした。

選出率:2位

 

f:id:tk12:20160111221525p:plain

ボーマンダ@メガ石 ようき いかく→スカイスキン

AS

すてみタックル ドラゴンクロー おいかぜ まもる

安定したメガエース。遅いガルーラが多かったのか上から通る場面は多かったように思いました、最速取ってよかったです。

選出率:5位

 

まとめ

個々は強力なポケモンが多かったのですが、PTにまとまりがなかったかもしれません。対戦中もアローだったらなと思う場面も多く、書きながらもあのポケモンを入れてみてもよかったかなというアイデアが浮かんでくるので全体的に構築に対する理解度は足りなかったです(4シーズンも使ってたのに)。

マンダを主軸に組んだPTなのでマンダ選出のほうが勝率はよかったです。ちなみにシーズン12でも実はバシャ入りを組んでいましたが、こちらはバシャが大活躍だったのでバシャが悪いわけではないということを言っておきたいです。

また、前回はマンダの選出がトップだったのが今回は5位に落ち込んだことに関してですが、これは2メガ構築にしたことにより選出回数が割れてしまったのでこのような感じになりました。基本選出はライチュウスイクン+キザン+メガどちらかという形になります。

ネガティブな発言が多いですが、最高レートを更新したことはうれしく思います。しかし、この結果に満足しておらずもっと上に行きたいという気持ちはあるのでサンムーンでもライチュウとともに頑張ります。アローライチュウとかカプ・コケコとかすでに向かい風を感じています…。

【ポケモンORAS】シーズン17使用構築アスランドFinal【シングル】

どうも、TKです。第6世代お疲れさまでした。

今回は自身の最高レート更新とともに目標であったレート1900を達成しましたので記録として残します。

並びはこちら。

f:id:tk12:20160914210044p:plain

最高/最終:1902

 

構築にいたるまで

今シーズンがORAS最終シーズンであるため、結果を出せそうな構築という意味でも思い入れの意味でもシングル厨の時に使用したバナバンギの並びを使いたいと思いました。

もともとはウルガモスが入っていたPTですが辛い相手も多かったために改善策が必要であり、色々な構築記事を漁った結果として受けループにたどり着きました。というのもラティアス→ラッキー、ランドロスグライオンコバルオングライオンと置き換えてみると役割対象やタイプ耐性においてかなり受けループに似ている部分があるように感じました。受けループとの違いとして耐久は本家に比べ低く、Sと火力面を伸ばした並びとなっているので、ヤドランと耐性や役割が近く殴り性能を高めたポケモンを採用するのが良いだろうという考えから、ここ最近気に入ってるスイクンを採用する運びになりました。

 

個別紹介

f:id:tk12:20151120092940p:plain

ラティアス@メガ石 おくびょう ふゆう NN:Latias

181 - * - 111 - 136 - 151 - 178

りゅうせいぐん サイコキネシス めいそう じこさいせい

特殊に対して受けだすクッション兼積みエース。ガル入りには積極的に選出します。上に上がるにつれ選出機会が多かったです。

選出率:50%

 

f:id:tk12:20151204204353p:plain

ランドロス@たべのこし いじっぱり いかく NN:おじさま♡

193 - 188 - 113 - * - 101 - 136(非理想)

じしん うちおとす ビルドアップ みがわり

鋼対策。もともとは全抜きを狙える枠としての採用でしたが、1:1交換に持ち込む立ち回りをすることが多かったように思います。相手次第では荒らしも担えたり、エースになれたりとかなり自由度の高いポケモンなので、ランドロスの使い方は常に意識しながら立ち回るのが良いですね。

選出率:60%

 

f:id:tk12:20151204204813p:plain

コバルオンゴツゴツメット ようき せいぎのこころ NN:ラークスパー

183 - 120 - 154 - 99 - 93 - 173

インファイト アイアンヘッド ボルトチェンジ でんじは

対ガルーラ枠。ひみつ麻痺以外でほぼガルーラには勝ってくれました。終盤になってガルーラだけでなく、思ったより広い範囲を見れてることに気づいたので、もっと信用してあげればまだ上に行けたかもしれないなと思いました。

選出率:35%

 

f:id:tk12:20160111221913p:plain

スイクン@オボンのみ ひかえめ プレッシャー

179 - * - 135 - 152 - 136 - 135

ねっとう れいとうビーム ハイドロポンプ めざめるパワー電

ヤドラン係。ウルガを入れていたときは重かったマンマンやカバルカあたりに一貫して削れるので以前よりは広く浅く相手できるようになったのが一番の変化だと思います。水が通るPTに対してはこのコだけでタテられることもあり、そうでなくとも半壊させることが多いので重宝しました。今までバナでしか見れていなかった相手がスイクンでも相手できるようになり選出を縛られにくくなったのもgoodでした。

選出率:70%

 

f:id:tk12:20150729113131p:plain

バンギラス@ラムのみ いじっぱり すなおこし NN:バンギちゃん

206 - 170 - 131 - 151 - 81

おいうち いわなだれ かみくだく れいとうパンチ

メガゲンガーにサイクルカットされることを嫌ってのおいうちバンギ。こいつを選出したときの勝率が非常に悪く、何度も外そうと思いましたがゲンガーを逃がさず次のサイクルに参加させないようにすることができるのはこのコしか思いつかなかったので最後まで頑張ってもらいました。

選出率:45%

f:id:tk12:20150728193559p:plain

フシギバナ@メガ石 ずぶとい しんりょく→あついしぼう NN:おしぼり

187 - * - 127 - 129 - 131 - 101

ヘドロばくだん ギガドレイン やどりぎのタネ こうごうせい

PT単位で辛いゲッコウガマリルリあたりに対し強いこのコも唯一無二のポケモン。技構成でかなり悩みましたが、もともとの採用理由である上で挙げたポケモンたちを見ることができるこの構成に落ち着きました。1600~1800まではよく選出していましたが、1900までではバナに厚い選出をされることが多かったので通っていても選出しないようにしていました。逆にバナを見れるポケモンを探しながら相手の選出を絞ることで優位に進められることが多かったので選出抑制の意味では活躍したといえます。

 

選出に関して

・ガルガブ対面厨パ→アス+コバル+ランドorスイクン

バシャ入りにはランド、アロー入りにはスイクンで概ね勝てます。ゲンガーを切った選出ですが、まず選出されません。選出されたとしても初手なのでサイキネ急所でオッケーです。

 

・ガルクレセドラン→スイクン+コバル+アス

スイクンで崩しながらラティアスで締めます。ドランが選出されない場合は少し楽になるかもしれません。

 

・ガルカバゲッコ→バナ+コバル+スイクン

ガル入りに対し唯一バナを選出します。カババナorスイクン対面を常に作りながら裏に一貫を作るように立ち回ります。

 

・マンマン→スイクン+バンギ+メガ

基本初手のスイクンが通るため水氷の範囲を押し付けるように立ち回ります。それでもマンダとウルガが重いのでバンギも添えて厚めの選出にしましょう。

 

・カバルカ→スイクン+バナ+バンギ

スイクンでカバルカを1.7体くらい持っていきバナでルカリオを処理、ラストのカイリューをバンギ突破します。ドロポンを3連で当てる必要があるので勝てればラッキーです。

 

・バシャサンダーナット→ランド+アス+1

ランドナット対面を作り起点にする以外勝てませんが、大体決まります。

 

・サザングロス→スイクン+2

グロスを焼きます。

 

・受けループ→スイクン+ランド+バナ

グライスイクン対面からラキに引かせてこちらランド投げ、出てくるヤドランにバナを合わせてやどりぎで消耗させます。

 

よくいる並びに対してはこんな感じでしょうか。最後のほうは適当ですが、思い返すと本当にこんな立ち回りでもなんとかなるくらいには優秀なメンツでした。

 

まとめ

スイクンを採用したことによりかなり広い範囲を見れるようになったのが非常に強かったです。ランドコバルアスの並びでランドロスに食べ残しを持たせる場合はこの構成が僕の中では結論になるかなと。辛いポケモンはヘラ、カイリュー、メガバンギ、エルレイドあたりです。エルレイドはタイプ上無理です。残りは一致弱点でも落ちない高火力ポケモンたちですね。まず崩せないです。

ORASの後半戦はずっとラティアスを使ってきてある程度の結果も出せたのでとても楽しかったです。次世代も長く使っていけるポケモンたちに出会えるのを楽しみにしています。

レートでマッチングした方々対戦ありがとうございました。次世代もプレイ予定なのでお手柔らかにお願いします。

 

おわり

 

次回のオフ参加予定は今のところないので、6世代の構築記事は最後になる可能性ありです。サンムーンではまともな種族値であればミミッキュを使いたいと思っています。